議員定数削減案を大津市議会に提案している目片信市長は8日、市議会の質疑で「(市議の)年俸は1000万円」「実働は50日未満で、1日20万円」などと発言。

 「事実と異なる」と問題視した議会側が反発したため、目片市長は「不適切だった」と発言を撤回し、謝罪する結果となった。

 同案について質問した塚本正弘議員(共産)に答える中で述べた。

 発言後、議会側は休憩中に議会運営委員会を開催。「市議の年間報酬(約940万円)と異なり、議会の日程以外でも地元で活動している」などの意見が相次ぎ、目片市長が同委員会に出向いて謝罪。再開された本会議で発言を撤回した。

 目片市長は5月にも、定数削減に関し「雨後の竹の子みたいに出る(立候補する)ことが止まる」「コイの洗いと同じ。冷たい水に入れて(議員を)引き締める」などと発言し、その後に撤回している。

平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
前首相の在任期間266日、現憲法下6番目の短命(読売新聞)
<菅首相>11日に所信表明演説(毎日新聞)
車転落事故死 首都高出た直後、欄干破り川に 西神田(毎日新聞)
<参院選>「7月11日」掲示板 那須塩原市で200超設置(毎日新聞)
[PR]
# by onzicllnpe | 2010-06-11 21:16
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、鳩山由紀夫首相が25日、月末にまとめる政府対処方針を閣議で決める意向を明らかにし、連立与党内の緊張が高まっている。「5月末決着」の体裁にこだわる首相に対し、社民党は「閣議決定や閣議了解のサインはしない」(福島瑞穂党首)と拒否する姿勢。民主党は参院選での与党協力を優先して決着先送りへの動きを強め、3者の綱引きが激しくなっている。

 首相は具体的な決定方法には言及しなかったが、閣議決定や閣議了解には閣僚の署名が必要。政府は社民党に配慮し、署名が必要ない首相発言での決定も模索した。しかし、福島氏は25日、沖縄県名護市内での記者会見で「閣議決定、閣議了解ではなく、首相の談話にも反対していく」と真っ向から対立した。与党内のあつれきにもかかわらず首相が「月末決着」の演出に腐心するのは、閣議による意思決定で沖縄の負担軽減に向けた姿勢をアピールするためだ。

 ただ、首相官邸と社民党の対立に民主党はいら立ちを募らせている。民主党の輿石東参院議員会長は25日、国会内で社民党の又市征治副党首らと会談。又市氏は、政府が28日にも予定している日米共同声明について「発表を思いとどまるべきだ」と要請した。

 社民党は参院選を前に連立離脱の事態を避けたいのが本音だ。又市氏は「選挙協力も何もあったものではない。時間をかけて、月末決着にこだわるべきではない」と主張した。焦点の1人区の多くで民主党候補の支援に回る社民党として選挙協力を引き合いにした露骨な揺さぶりだった。

 民主党の山岡賢次国対委員長は25日、与党3党で普天間移設についての「覚書」をまとめることを社民、国民新両党に提案。しかし、小沢一郎幹事長が「政府に任せるべきだ」と指示し、社民党との交渉を政府側に委ねた。【高山祐、西田進一郎】

【関連ニュース】
普天間移設:日米首脳27日にも合意 政府方針は閣議で
記者の目:普天間問題 鳩山首相の責任=古賀攻(政治部)
普天間移設:与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先
普天間移設:首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ
参院選:政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく

川崎信金秘書室長、コニカミノルタ社員、群馬銀行員ら覚醒剤購入・所持で逮捕(産経新聞)
「現実には無理だからこそ…」会員の思い踏みにじられる 仮想マルチ商法捜索(産経新聞)
<電子書籍>アプリケーション無料提供…出版社協会(毎日新聞)
「基地は国の問題」が大勢 近畿の知事(産経新聞)
宅配便の再配達もインターネット時代へ
[PR]
# by onzicllnpe | 2010-06-01 22:59
 26日午前9時40分ごろ、大阪(伊丹)発宮崎行きの日本エアコミューター2433便(ボンバルディアDHC―8―402型機)が兵庫県淡路市付近を飛行中、自動操縦装置が作動しなくなったため、大阪空港に引き返した。乗員乗客76人にけがはなかった。
 この機体は24日にも新潟に向かう途中に気象レーダーが故障し、大阪空港に引き返した。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
3日で2度、窓にひび=国交省所有のボンバル機
松本空港で気圧値発信ミス=旅客機着陸やり直し
部品点検失念で10便欠航=期限1年超過も

放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
両陛下、湿生花園をご訪問(産経新聞)
「小沢反抗」への報復? 静岡県連に活動費支給停止(産経新聞)
首相動静(5月19日)(時事通信)
老健開設準備の医療法人社団に破産手続き開始―東京地裁(医療介護CBニュース)
[PR]
# by onzicllnpe | 2010-05-26 19:23
 大阪府の橋下徹知事が立ち上げた地域政党の参戦で、異例の注目選挙となった大阪市議補選(福島区選挙区)には14日、5人の新人が立候補、欠員の1議席をかけた舌戦がスタートした。立候補の手続きを終えた各陣営は早速第一声。知事が掲げる「大阪都」構想を受け、各陣営もそれぞれの立場から自らの政策や大阪の都市構想などについてアピールした。

 今回の補選は、共産市議の国政転戦を受けた選挙だけに、共産にとっては議席死守が重要課題。国政を目指す前市議とともに第一声に臨んだ山田みのり氏(33)はJR野田駅近くで「『ワン大阪』というフレーズで福島区の解体をたくらむ勢力、自治体と市民をかけ離す改革には断固反対を貫く」と橋下新党との対決姿勢を表明した。陣営幹部は「『大阪都』など制度上の話ではなく、暮らしに密着した草の根の戦いで保守層にも支持を広げたい」と話した。

 一方、民主の国本政雄氏(33)の陣営は選挙事務所前で出陣式。国本氏は「福島区で生活し、皆さんと顔を合わせ、声を聞いてきた。今まで聞いた思いを政治に反映させ、生活にはね返したい。命が尽きるまで走り抜ける」と訴えた。

 前回市議選では次点に泣いた国本氏はこまめな地域回りなどで支持を固めてきた。出陣式後、支援者に見送られて選挙カーで出発。区内を丁寧に回り、立候補のあいさつを行っていた。

 大阪維新の会から立候補した広田和美氏(46)の陣営。結成から間もないため強固な地盤はないが、代表の橋下知事をはじめ、党メンバーが支援する。

 選挙事務所近くの公園で行われた出陣式に参加した橋下知事は「相手陣営は福島を壊すと攻撃してくるが、我々が壊そうとしているのは大阪市役所だ」と声を張り上げた。

 広田氏は財政問題に言及し「東京と比較し1人あたり3倍の借金を背負う大阪を立て直さないといけない」と訴えた。

 一方、自民の太田晶也氏(38)は選挙事務所近くの神社境内で第一声。「福島区、大阪市を守っていくための戦い。市は改革すべきだが、守らなければいけないものもある」と大阪都構想を批判した上で、「地元の子供も市が無くなると心配している。子供たちに不安を与える政治をやってはいけない」と強調した。

 出陣式には大阪市議や府議のほか、国会議員らも参加。マイクを握った陣営幹部は「この選挙は知事の暴挙との戦いだ」と述べた。

 一方、諸派の上畑俊治氏(53)も選挙事務所前で第一声。市職員の厚遇問題の改善などを訴えた。

B型肝炎訴訟、国側が和解協議入り表明(読売新聞)
<横須賀男性遺体>死亡後にカード 複数回使われる(毎日新聞)
鳩山政権の「路線修正」に全力=公約、普天間念頭−仙谷戦略相(時事通信)
静まる大阪 音楽コンサート“流出” 大ホール閉館・休館で(産経新聞)
「関西広域連合」設立同意案の提出見送りへ(産経新聞)
[PR]
# by onzicllnpe | 2010-05-17 15:26
 ■活躍話に驚きと誇り

 あの子の生きた証しを残したい−。JR福知山線脱線事故で、長女の智子さん=当時(39)=を失った兵庫県丹波市の上田直子さん(71)が、事故から5年となるのを機に、智子さんが刻んだ人生を一冊の本に仕立てようと執筆を始めた。事故以来、悲しみは増すばかりだったが、智子さんの友人らと交流を重ねるうちに、今まで知らなかった娘の一面をたくさん知ることもできた。「書いても書いても思い出があふれてくる。智ちゃんの人生をすべて記してあげたい」。そんな思いを胸に書き続ける。

 今月17日、兵庫県三田市。小学校や幼稚園で児童らに絵本を読み聞かせる活動をしている「しずくの会」のメンバーが集まり、智子さんをしのぶ会を開いた。そこには上田さんと夫の秀夫さん(72)の姿もあった。メンバーらは、智子さんが好きだった絵本を上田さん夫婦に読んで聞かせ、智子さんの思い出を語り合った。

 5年前のあの日、智子さんは三田市の自宅から大阪へ行く途中で事故に遭った。しずくの会の一員として活動に熱中している最中だった。

 上田さんが、しずくの会を知ったのは事故後のこと。メンバーに誘われて読み聞かせを見学したり、毎年4月に開かれる智子さんをしのぶ会に招かれたりするようになった。

 「智子さんが絵本を読むと、不思議なくらい子供たちが引きつけられていましたよ」。自分の知らない娘の活躍を聞くたびに、うれしくなった。

 「いなくなってしまってから知ったことも多かった」と上田さんは話す。智子さんの保育士時代の同僚からは、父親を突然の事故で失った園児に、ずっと寄り添っていたと聞いた。障害のある小学校時代の友人の母親からは、「うちの子が本当に智子さんによくしてもらって」と感謝された。

 どれも上田さんの知らなかった智子さんの顔。「私の見えないところで、いろんな人のために頑張っていたんだな」。驚くとともに娘を誇りに思った。

 事故後、天国の智子さんに語りかけるように日記を付け始めた。今では、事故以前の思い出と新たに知った智子さんのことで日記は埋め尽くされ、膨れ上がった智子さんへの思いをまとめたいと考えるようになったという。

 「あの子の生い立ちからすべてを書き切ろうと思ったら、時間がいくらあっても足りそうにないです」。上田さんはこう言って笑うが、「今、智ちゃんにしてあげられるのはそれくらいだから」と言い、必ずやり遂げたいと思っている。

 書き上げた文章は製本し、智子さんを知る人たちに読んでもらうつもりだ。

 「あの子の一生をいつまでも忘れないでほしいから」

【もらってうれしい贈り物】バウムクーヘン パティスリーリッチフィールド(産経新聞)
気象庁「ナウキャスト」来月稼働 竜巻・雷10分刻みで予報(産経新聞)
「派遣村」湯浅氏を再起用へ(産経新聞)
桃太郎、アンパンマンと鬼退治!? 昔話を知らない子供たち、20年で正答激減(産経新聞)
日米首脳の非公式会談、日本側は記録残さず(読売新聞)
[PR]
# by onzicllnpe | 2010-05-01 02:10